ブログトップ

脊髄損傷リハビリ奮闘記

病院のボランティア

 将来、MRI、CT、レントゲンなどを見て病名を判断する医者になるのを夢見ている娘は大学時代から二つの病院でボランティアをしてきましたが、今は毎週木曜日、総合病院でボランティアや医者の傍で色々な病気のケースを勉強しています。病院への行き来は片道$3.5(380円くらい)の障がい者向けのバスサービスを利用しています。バスの中でも色々な方との情報交換や話しが聞けて勉強になると言っていました。リハビリに行くときもそうですが、ボランティアに行く時はバッチリお化粧をし、活き活きとしています。これからまた学校へ行き学んでというと、あと何年かかったら一人前になれるのか、まあ自分のペースでコツコツと頑張ってほしい。
[PR]
# by eclair727 | 2017-04-14 16:40 | アメリカの病院 | Trackback | Comments(0)

電動車椅子  


日本の桜素敵ですね。本当に綺麗!

SNSを通じて日本の各地の桜が見れることは最高です。


大統領が変わってから、色々なサービスがどうなるかわからないからと、出来ることはやっておこうと積極的に動いていた娘。昨年はガレージで眠っていた車椅子にYAMAHAの電動システムを取り付けてもらった電動車椅子をプレゼントしましたが、今回は6年ぶりにこちらで電動車椅子をいただきました。これから、もっともっとメディカルの勉強をしたいという娘は座席が上がり、どこでも休めるように座席がフラットになる電動車椅子をリクエストし、通りました。スウェーデン製で素晴らしい車椅子です。お値段はベンツが買えるくらいとか。

f0072281_14254026.jpgf0072281_14261733.jpg






[PR]
# by eclair727 | 2017-04-12 18:14 | その他 | Trackback | Comments(0)

電動車椅子

Merry Christmas!

やっと、落ち着いてブログを書いています。

娘の電動車椅子ですが、車椅子から新しくすると、日にちが足りなく間に合いそうもないとのことで、家で眠っていたクイッキーの車いすを二週間先に日本へ行った主人に持って行ってもらい、それにYAMAHAの電動システムを取り付けてもらうような形になりました。そのお陰で20万以上も安くなったことは嬉しい限りです。今回、日本の業者さんのサービスは本当に素晴らしいと思いました。メールとLINEのやり取りで打ち合わせをし、当日、娘にフィックスする時は、細かい所まで気配りをしてくださって最高でした!娘は「本当にありがとう。もう、これでクリスマスと誕生日のプレゼントは何にも買わないでね」と言っていましたが、そうもいかず、例年通りにプレゼントを用意しました。(笑)明日の朝、喜んでくれるといいですが。
これで、家にある車椅子は7台、2台はこれから処分しなくてはいけませんが、4台は. TPO(Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合))によって使い分けています。来年から大統領が変わると、福祉行政も変わってくる(バウチャー式になるとかならないとか)とのことで思いつくことは年内にと娘は色々と動いています。次期大統領も障がい者にとって優しい政権であってほしいと願うばかりです。
[PR]
# by eclair727 | 2016-12-25 17:52 | その他 | Trackback | Comments(0)

新しい車椅子オーダー

 今年もハロウィンの時期になりました。この年で毎年ハロウィンに何を着ようか考えるとは思ってもみませんでした。昨年、3年間ほど魔女の格好をしたら子どもたちから「また。おんなじ?」と言われたので、今年はパーブルヘアーのかつらにパープルのマスクにしました。ハロウィンの衣装も授業がしやすい服でないと疲れてしまうのでなかなか大変です。
   
 娘の電動車椅子を日本の会社にオーダーしました。アメリカでのオーダーですと、5年ごとに無料でいただけるのですが、シッカリし過ぎていてあまりに重症ぽく見えるので、コンパクトの物が欲しくて今回のオーダーに至りました。メールでのやり取りですが、対応してくださった会社に感謝です。1カ月後が楽しみです。
[PR]
# by eclair727 | 2016-10-25 17:53 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

この半年間

 お昼の気温は22℃。海からの涼しい風が吹いてきて、心地よい夏を過ごしています。
今年はブログのUPを増やそうと思いつつもあっという間に新年から7か月も経ってしまい驚くばかりです。
この半年で色々なことがありました。中でもカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)と京都大学のジョイントシンポジウムで、ノーベル医学生理学賞を受賞された山中教授からips 細胞の講演を聞けたこと、A教授の計らいでDr. Marsalaと直接お話が出来、「質問があったらいつでも連絡してきていいよ」と言っていただいたことは非常に嬉しかったです。脊髄損傷等については、慶應義塾大学の岡野教授が研究されているとのことでしたので、いつの日か岡野教授の講演もお聞きしたいと思います。研究がさらに進んで一日も早く頸椎・脊髄損傷の患者さんを含め、多くの方がips細胞により元の身体に戻れるようになってほしいと願っています。
 
娘は今、リハビリはもちろんですが、メディカルスクールに入ることに全力を尽くしています。医者になりたい一心に勉強、病院でのボランティア、医者のシャドーを頑張ってきましたが、障害を持った子がメディカルスクールに入ることがいかに難しいか現実的になってきました。頸椎損傷で医者になった方、研修医、メディカルスクールの学生さんを探し、電話で話して情報収集もしていますが、皆さん大変な努力をされているようです。しかし、ある方はアメリカのトップのH大学でレジデンシ―をされるそうです。素晴らしい!先輩たちを目標にMOMパワーで娘のサポートしていきたいと思います。
[PR]
# by eclair727 | 2016-07-11 09:17 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

2016年まで、あと30分!

カリフォルニアはあと30分で2016年になります。
日本はもう1月1日午後4時半ですね。
日本とカリフォルニアの時差は-17時間です。(夏時間は-16時間)
東海岸とカリフォルニア(西海岸)の時差は-3時間ですので、同じアメリカなのにニューヨークなどはもう2016年です。広いなぁ、アメリカ。

2016年は皆さまにとって益々素晴らしい年になりますように。
来年はもう少しブログのUPを増やす努力をします。
宜しくお願いいたします。
[PR]
# by eclair727 | 2016-01-01 16:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

1年の終わり

2015年も残すところ、わずかとなりました。早いですね~。
娘も成人式を終えたばかりと思いきやもうすぐ誕生日を迎え、来年は年女。今年は大学を卒業したもののstudy, study, study の一年でした。来年はMed school に入れますように!と祈るばかりです。勉強もいいけれど、少し肩の力を抜いて遊びに出かけて行ってほしいと思っています。
[PR]
# by eclair727 | 2015-12-27 17:40 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

家でのリハビリ

 先週は、発熱でリハビリをお休みしたので、今週は週2回トレーナーに来てもらいました。トレーナーはクライアントが24人?までになったそうで大忙しです。最近はガリレオというパワープレートやつかまリ立ちする鉄棒まで持参してくれます。トレーニングをした後の娘の体は柔らかく、トレーニングの大切さを感じます。

f0072281_9221830.jpg



f0072281_9225865.jpgf0072281_9234148.jpg

[PR]
# by eclair727 | 2015-08-24 09:28 | アメリカでのリハビリ | Trackback | Comments(0)

FES バイク

 オンラインでの2つの授業が終わり、成績は2教科ともAだった娘は、ほとんど100%なのにオンラインだからかA+がないのはフェアーじゃないと叫んでいました。バークレーの授業と全然違う、これでGPAが同じように見られるのは・・・とまた独り言。今度は毎晩3時間のMCATの勉強のコースを取っています。9月まで続きますが、「大変すぎ、友達は遊びまくっているのに・・・なんでいつもこうなんだろう」と。母は、でもここで頑張ればいい結果がでるよ云々とポジティブワードを投げ掛けています。(笑)
なんだかんだいいながら、リハビリ、勉強とよく頑張っています。遊びに行きたいだろうにな。

FESバイクは一時間乗っています。その後、ロホマット30分。
f0072281_17125089.jpg

[PR]
# by eclair727 | 2015-08-16 17:17 | アメリカでのリハビリ | Trackback | Comments(0)

病院での出会い

f0072281_15433595.jpg 
 娘がボランティアに行く時には病院から家までバスのサービスを使っていますが、バスを待っている間に色々な方との出会いがあるそうです。先日はスムージーを持った40代の車椅子のおじさんが、向かって来たので道を開けようとしたら、「ちょっと待って。なんで、そんなに笑顔でいられるの」「何のボランティア」などなど、矢継ぎ早に質問され、その後身の上話を聞いてあげたそうです。
「良いことをしたね、カウンセラーとかそちら関係の道はどう」と娘に言うと、「アッ、だめだめ、自分は一緒になって落ち込みそうだし、やりたい事があるから・・・」とのこと。
しかし、病院にボランティアに行くと、色々な人が色々な人生を歩んでいて、教えてもらう事がたくさんあるよ。と活き活きとしていました。
[PR]
# by eclair727 | 2015-08-01 15:44 | 病院のボランティア | Trackback | Comments(0)